SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

リンダリンダリンダ

音楽映画

前回は男子の青春映画『色即ぜねれいしょん』を紹介しましたが、

今回は女子の青春映画『リンダリンダリンダ』。

f:id:livaeal:20161020121830j:plain

性別の違いだけで沢山の違いが現れるというのがまた面白い。

 

とある地方都市にある芝崎高校。

文化祭・ひいらぎ祭の直前に、恵、響子、望の3人は途方に暮れていた。

高校生活最後の文化祭のためにオリジナル曲を作って

練習を重ねてきたのに、ギターの萌が指を骨折してしまったのだ。

(2005年・日本)

 

「高校時代にバンドをしている女子」、

それだけで色んなイメージが出てきそうなものですが。

どこか冷めていて、でも滲み出る一生懸命さが

「うんうん」と共感出来る、そんな青春ストーリーです。

最初と途中に出てくる放送部員の演じ方が

生々しくて私は好きです。

 

個人的にはいきなりボーカルに抜擢された

韓国からの留学生、ソン(ペ・ドゥナ)さんのキャラが

特に良かったと思うんですが、

拙い日本語を一生懸命話そうとするところとか、

素朴な表情一つ一つが何とも言えず良いです。

最初にみんなで合わせるところは勿論皆下手なんですが、

「下手な演技をする」と言うのは

ある意味演技力を必要としますしね。

(因みにソンさんがカラオケに行って

 店員と言い合うシーンが地味に好き)

 

全体的にちょっと型に嵌め過ぎな感じもしましたが、

青春映画はとかくそれくらいの方がいいのかもしれません。

色即ぜねれいしょん』を観た時は“くすぐったさ”を感じましたが、

この映画は女子ならではの“甘酸っぱさ”を感じました。

最後は潔く、爽やかさが残ります。

(指を骨折した萌が歌うシーンがあるのですが、

 あまりに上手くて彼女の事を調べました)

 

本当にチョイ役ですが、

初々しい松山ケンイチさんを見るのも新鮮でした。

 

何より、ブルーハーツの曲がいい!!

 


リンダリンダリンダ 予告編