SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

ローリングストーンズ

about

どもどもdeeです。

「ロ」ってことで「ローリングストーンズ」でいきましょう。

継続は力なり・・・。

最近ガンズンローゼスの再結成?が話題になっていますが、
さすがに再結集するのに時間がかかりすぎた感があります。
実際のパフォーマンスをみたらまた印象が変わる可能性がありますが
やっぱり、変わり果てたアクセルのルックスから、
(個人的には好きなギタリストでありましたが)
横でリードギターを弾くのがブルース感の全くない
バケットヘッドやロンサールだったりから
かつて好きだった、Gn'Rはもういないと感じてました。

やっぱりエアロスミスメタリカなんか、仲違いしながらも
ずっとメインストリームでやっているので
ルックスが変わっても老け込んだ・衰えた感を
あんまり感じないように見えます。

その中で活動歴50年以上の大物バンド
ローリングストーンズの存在感は別格です。

2014年には、来日公演をする元気ぶり。

クラプトンやあるいはポールマッカトニーなんかと
同世代だと思いますが、やっぱりソロアーティストと
バンドとでは存在感が違うかな。

ストーンズのカッコよさって
きちっとしてないルーズな感じ。
テンポの速い曲ももちろんありますが
ミドルテンポの曲でギターがジャカジャカしてるのが
いいですよね。

あんまりパワーコードとか使っているイメージがなくて
ジミヘンやZepのリフにくらべるとコード感が強い。
あのキースリチャーズのジャカジャーンってのがカッコいい。

バッドボーイなイメージ先行で
ビートルズやZepとかと比べて音楽性を語られる機会も
少ないような気がします。
ブルースに影響を受けている・・・というのは
周知の事実でありますが、
やっぱりブルースロックって感じはしなくて
もうちょっとビートルズ依りな音楽性かなあ。
ブリティッシュポップロック、ブルース風味?

余談ですがエアロスミスは、ストーンズの良いところを
積極的に取り入れアメリカナイズさせたことで
成功したバンドだと思います。
ミックジャガーのカッコよさをスティーブンタイラーが
より高い歌唱力や派手な見せ方に昇華させて
発展させたと思います。
・・・ジョーペリーのギターはジミーペイジ感もありますけど

この記事を書き終えるのに
動画をセレクトしてたのですが
やはり伝説の名演?的なないのがストーンズ
勿体無いとことかなー。
あてぶり動画ですが俺がギターで
初めてコピーした曲でお別れ。
Jumpin' Jack Flash

動画を探して思ったんですが、ぱーと探して
コレがベストって動画が見つからないのも
ストーンズらしい??
比較的最近のライブの音源もあるんですが
パワーがあるのは60−70’sかなー

これはロンウッドがシタール弾いててちょっと違う。
でもミックがなー。

次は「す」「ず」で!