SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

メリー・ポピンズ

音楽映画

先週ウォルト・ディズニーの伝記を読んで、

ディズニー熱が高まっている私です。

メリー・ポピンズ』は伝記にも出てきた往年の名作ですが、

そう言えばちゃんと観た事がないなと思って観てみました。

f:id:livaeal:20170401080135j:plain

子供も大人も楽しめる夢と温かさに溢れた作品。

 

厳格なバンクス家から乳母が突然辞めてしまい、

募集したところにやってきた不思議な女性メリー・ポピンズ

指をぱちんと鳴らすと魔法のように散らかった部屋が片付いたり、

不思議な絨毯で出来た鞄から何でも出てきたり、

散歩のときには大道芸人バートの描く絵の中に入って遊んだり…。

子ども達はメリー・ポピンズの事をすぐに好きになったが、

厳格なバンクスには気に食わず…。

(1964年・アメリカ)

 

「この魅力的な女優さんは!」と思ったら、

やっぱり『サウンド・オブ・ミュージック』のマリア役

ジュリー・アンドリュースでした。

彼女の魅力は勿論のこと、子供たちの表情や、

大道芸人のバードも魅力的で、楽しさが詰まっています。

 

アニメと映像の融合も面白いし、

しかもこの時代にこれだけのクオリティを作るというのが

本当にすごいの一言です。

ダンスのシーンはとてもコミカルなんだけど

相当レベルの高い動きに観入ります。

 

最後は爽快感すら抱く、ハートウォーミングなお話。

ユーモア・笑いがもたらしてくれるものの素晴らしさを感じます。

そんなユーモアに溢れた作品なのに、

テーマ曲が哀愁のある“チムチムチェリー”と言うのもいいです。

メリー・ポピンズが何を伝えんとしているか…。

ちょっと切ないところはあるけどそれがまた心にジンと響きます。

 

スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス。

 


メリー・ポピンズ - 予告編