SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

シング・ストリート 未来へのうた

以前紹介した『once ダブリンの街角で』『はじまりのうた』の

ジョン・カーニー監督作品『シング・ストリート 未来へのうた』です。

f:id:livaeal:20170413163035j:plain

彼の作品は好きなので、期待感が高まります。

 

1985年、ダブリン。

両親の離婚やいじめで暗い日々を過ごすコナーは、

音楽好きな兄と一緒にロンドンのミュージックビデオを

見ることが唯一の楽しみという14歳。

ある日、ラフィナを見掛け瞬く間に恋に落ちた彼は、

思わず「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまう。

慌ててバンドを組んだコナーは彼女を振り向かせようと、

クールなPVを撮るため音楽活動に奔走する。

(2015年・アイルランド

 

ジョン・カーニー監督の半自伝的青春映画。

この時代の音楽が好きな人は特に面白いと思います。

 

主人公もバンドのメンバーも、とにかく青臭さがあっていい。

何にも出来上がっていない状態から何かを作って行く作業、

それが新しい彼らを生み出して行く軌跡が

とても良く描かれていました。

全く十分じゃない所からとにかく闇雲に、

一途に突き進んでいくその意義を実感します。

 

音楽観・世界観はやっぱり独特で好きです。

ジョン・カーニー監督の作品はいつも

「めちゃくちゃいい!」とは思わないんだけど、

「ああ、良かった」としみじみ感じさせてくれるものばかりです。

 

最後の曲がこの物語の全てを語っていると思ったのですが、

この曲は前作『はじまりのうた』に出演した

Maroon5のAdam Levineが歌っていると知って、納得の名曲でした。

また、お兄さんの存在がとても良かった。

 


「シング・ストリート 未来へのうた」予告編