SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

once ダブリンの街角で

最近ジョン・カーニー監督の作品を観たので、

以前観た『once ダブリンの街角で』を改めて観ました。

f:id:livaeal:20160824174900j:plain

最初はアメリカで2館だけの上映だったのが、

口コミで140館の上映にまでなったラブストーリーです。

 

ダブリンの街角で毎日のようにギターをかき鳴らす男は、

ある日、チェコ移民の女と出会う。

ひょんなことから彼女にピアノの才能があることを知った男は、

自分が書いた曲を彼女と一緒に演奏してみることに。

すると、そのセッションは想像以上の素晴らしいものとなり…。

(2006年・チェコ

 

全編を通して、音楽に溢れていて、

しかもその曲が皆素晴らしい。

主演のグレン・ハンサードは、

アイルランドのバンドのフロントマンだそうで、

その歌声は力強さの中にも切なさを奏でています。

ヒロインのマルケタ・イルグロヴァとのハーモニーが、またいい。

音楽と歌によって作り上げられていくストーリーに、

今までの音楽映画とはまた違った印象を受けます。

 

元々、製作費がなかったというこの映画。

そこがまたいい味を醸し出し、

その世界観に引き込まれます。

音楽を聴くだけでも、この映画を見る価値はあります。

 

以前、この映画の中の曲“falling slowly”をカバーした事があります。

切ないメロディに、重なり合う二人の繊細なハーモニーが

心に響く名曲です。

youtu.be