SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

海の上のピアニスト

しばらくピアニストメインの音楽映画を紹介したいと思います。

今日は『海の上のピアニスト』。

f:id:livaeal:20160901174245j:plain

 

1900年、大西洋上を行く客船の中で生後間もない赤ん坊が見つかった。

その子供は、生まれた年にちなんで

“1900(ナインティーン・ハンドレッド)”と名付けられるが、

船内のダンスホールでピアノを聞いて育つうちに、

驚くべき才能を発揮するようになる…。

(1998年・イタリア)

 

船の中で生まれ、一度も陸に上がったことのない1900。

これが実話を元に作られたというのだから驚きです。

彼にとっての「音楽」とは、はたまた「生きる場所」とは何か…。

「鍵盤には限りがあるからこそ、

人間は無限に音楽を奏でる事ができる」

 

かなり久方ぶりに見ましたが、

その世界観の中に散りばめられた沢山の煌きに気づきました。

 

ジャズピアニストのモートンとの決闘(?)シーンは

文字通り目が離せません。

そして、淡い恋心と行き場のない切なさに、

思わず涙がほろりです。

 

海と船と音楽と共に生きた1900の生き様にも、

また、1900を演じるティム・ロスの演奏中の表情も、

類稀なるピアノ音楽の数々を堪能するにも、

お勧めの作品です。

 


映画「海の上のピアニスト」日本版劇場予告