SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の五十七・Annie Lennox(Eurythmics)

前回紹介したDavid Bowieとの共演映像もあったので、

今回はAnnie Lennox。

f:id:livaeal:20160912102232j:plain

太くて力強い声が印象的なAnnie Lennox。

 

私は数年前に偶然手にしたアルバムで彼女の事を知りました。


Annie Lennox - No More "I Love You's"

ファルセットにも独特の太さが響きます。

 

1979年に『The Tourists』としてメジャーデビュー。

1980年にバンドが分裂した後に『Eurythmics』を結成。

私はAnnie Lennoxがソロになってからしか聴いた事がありませんでしたが、

1983年に“Sweet Dreams”で全米一位になっています。


Eurythmics - Sweet Dreams (Are Made Of This) (Official Video)

こうして聴いてみると、聴いた事があるようなないような…。

 

1985年の“There must be an Angel”は知っていました。

タイトルだけ見てもピンとこなかったけど、

曲を聴いたら「あぁ、この曲か!」と、とても有名な一曲。

この曲は全英一位を記録。


Eurythmics - There Must Be An Angel (Playing With My Heart)

Stevie Wonderがハーモニカで参加して話題になったそうです。

 

Aretha Franklinとのデュエット曲、

“Sisters Are Doin' It for Themselves”は今回初めて聴きました。

音楽的にもそうですが、ビジュアル的にも興味深いです。


Eurythmics - Sisters Are Doin' It for Themselves

この曲はウーマンリブをテーマにしたものだそう。

 

『Eurythmics』は1990年に活動停止し、ソロ活動へ。

2003年には映画「ロード・オブ・ザ・リング」の“Into The West”で

アカデミー歌曲賞を受賞しています。


Annie Lennox - Into The West (live at the 2004 Oscars)

やっぱり、ソロになってからの方が歌に深みがあります。

それはほとんどの人に言える事なんですけどね。

因みに私、ロード・オブ・ザ・リング」は一つも観ていません…。

 

イメージがベリーショートのAnnie Lennox。

実際それを売りにしてる部分もあるようですが、

個人的にはそこがまた魅力的に映ります。

 

最後に、Simon & Garfunkelの名曲“Bridge Over Troubled Water”。

彼女の力強い歌声が、響きます。


Annie Lennox Bridge Over Troubled Water Live on American Idol Gives Back 2007