SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

僕のピアノコンチェルト

音楽映画

3週続けたピアニスト映画特集は、とりあえず今週でお終い。

今回は『僕のピアノコンチェルト』です。

f:id:livaeal:20160914175919j:plain

単に「音楽映画」とは言えない、

(今までに紹介してきた映画もそうですが)

その中でもちょっと異色を放った作品です。

 

主人公は幼くしてピアノを弾きこなし、

12歳で飛び級して高校になる天才児。

親の期待を背負い、周囲になじめない彼は、

ふとあることを思いつく…。

(2006年・スイス)

 

映画予告を見た時から、ちょっと違う感じはしていました。

大抵、「音楽に秀でた」と言うと、

それ以外に着目する事はあんまりありませんが、

この主人公の少年ヴィトスは全てにおいて秀でているのです。

 

「天才」・「神童」などと言われ、他と一線を画する事が、

果たして教育として正しいのか…。

今まで普通に愛していた親が、

自分の「能力」ばかりを重んじて「自分自身」を見てくれない。

そういう葛藤に悩まされる事は、

実際はそう少なくない事だと思います。

 

むしろ、自由にしてくれた方が、

子供としては伸びると言うか…。

それは教育方針にもよるので一概には言えませんが。

 

何にせよ、子供がその能力を発揮する為には、

常識に捉われた教科書なんて必要ないと思います。

実は子供が大人を利用している、なんて事も、

思っているより多いんじゃないかな、と思う。

自分の子供の頃の感覚を、ちょっと思い出しました。

 

どれだけIQが高くても、どんなに才能に溢れていても、

小生意気でも、何にしても、etc...

子供は単純に愛すべき存在であって、

それ以上にはなっても、それ以下にはならないものです。

 

それでも、両親がヴィトスの事を思っているのはひしひしと感じるし、

お祖父ちゃんの存在も欠かせません。

何のかんので、また泣いてしまう私なのでありました。

 


Vitus Trailer