SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の六十八・Sam Cooke

前回、トータス松本さんのカバーで最後に載せた

“ワンダフル・ワールド”のオリジナル、Sam Cooke

f:id:livaeal:20160928175800j:plain

 

まずはその“Wonderful World”を。


Sam Cooke - Wonderful World [HD]

さらりと歌っていますが、とても奥深い曲です。

 

小さい頃から聖歌隊で歌い、

ゴスペル・グループのリードボーカルをしていたSam Cooke

1957年にソロ歌手としてR&Bに転向。

“You Send Me”がヒット。


Sam Cooke - You Send Me (Live)

柔らかさに包まれたような落ち着いた歌声ながらも、

その歌唱は特別感を抱きます。

それにしても、こんな昔の映像が残ってて、

それをyoutubeにアップする人がいるというのは

凄い事だし、ありがたいものです。

 

1960年代にはR&Bチャートだけでなく、

ポップチャートでも上位に入ります。

その中から “Chain Gang”。


Sam Cooke - Chain Gang (High Quality)

私はSam Cookeを意識して聴いていたわけではありませんが、

オールディーズやソウル・ミュージックのオムニバスを

良く聴いていた時があるので、

「あぁ、この曲もSam Cookeだったのか」と

改めて気付かせてもらいました。

 

でも、Sam Cookeはあまりに短命でした。

1964年に33歳という若さで射殺されています。

また個人的に意外だったのは

作詞・作曲もSam Cooke自ら行っていたそうです。

今でも多くのアーティストがカバーしています。

歌唱力をいかんなく発揮している“A Change Is Gonna Come”。


Sam Cooke - A Change Is Gonna Come (Official Lyric Video)

 

他にも紹介したい曲はありますが、

最後に、このノリとグルーブ感が好きだった

“Twistin' The Night Away”。


Sam Cooke-Twistin' The Night Away