SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

幸せをつかむ歌

DVDのあらすじを読んで借りた映画でしたが、

家族をテーマにした、だけどロックな作品でした。

f:id:livaeal:20161111212236j:plain

メリル・ストリープの歌声は『マンマ・ミーア』で聞いてたし、

それはそれでよかったけど、

この作品のメリル・ストリープの歌はかなりロック。

それが、すごく良かったです。

 

夢だったロックスターへの道を突き進むべく

家族を捨てたリッキーは、ロック歌手となり音楽活動を続けていた。

ある日、離婚した娘と再び会う機会が訪れる。

疎遠になっていた娘と、何とか関係修復しようと考えるリッキーだったが…。

(2015年・アメリカ)

 

リッキーのやる音楽の選曲も、演奏も好きですが、

結局それじゃ食っていけない現実とも照り合わせつつ…。

 

個人的には「家族とは」と考えさせられる作品でしたが、

多分、所謂「普通」ではないとは思います。

その中で、私なりに考えさせられる事が沢山ありました。

 

産みの親と育ての親、どっちが子供にどう影響を与えるのかは

それこそその家族によって違います。

でも少なからず、どちらも影響を与える存在である事は

きっと変わらないはずです。

この映画では育ての親には焦点を当てていませんが、

当然産みの親だって親としての思いがあるんですよね。

 

親の視点から、子の視点から、色々思いますが、

夢を追う姿や追い続ける事によっての苦しみなど、

また違う視点からも楽しむ事が出来ました。

 

とは言え、話の内容よりメリル・ストリープ

歌の方が印象に残りました。

また、娘役のメイミー・ガマーが実の娘だと知り、

びっくりしました(彼女の演技も良かった)。

 


『幸せをつかむ歌』予告編