SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の二十三・Christina Aguilera

Linda PerryP!NKと来たんで

その流れから今日はChristina Aguilera

f:id:livaeal:20160720193512j:plain

いつも、この最初に載せる画像を探して載せているんですが、

Christina Aguileraの場合、歌ってる画像が圧倒的に少なかったので

ちょっと困りつつも、ちょっと面白かったです。

まあそんな感じで、歌手としてよりもセレブやアイドルのイメージが強い

Christina Aguileraですが、そう思われているのが勿体ない歌唱力の持ち主です。

 

最初のシングルは何と中西圭三さんとのコラボ曲

“All I Wanna Do”だったと言うのを、今初めて知りました。


Christina Aguilera & Keizo Nakanishi - All I Wanna Do (Live - Rare) 1997

中西圭三さんと一緒に演っていたというのも驚きですし、

若干16歳のChristina Aguileraの溌剌としたパフォーマンスも

今となってはとても新鮮です。

(因みに、youtubeのコメントを読んでいたら、

 「日本人はキスされる事になれてないからなぁ」みたいなのがあって、

 面白おかしく、でもそれはそうだとか何とか思いつつ、見ておりました)

 

P!NKと同じく、映画『ムーラン・ルージュ』の主題歌

“Lady Marmalade”で一躍有名に。

前回PVを載せたので、今回は別バージョンを。

youtu.be

高音の効いたハスキーボイス、フェイクのパンチ力はすごいです。

 

私がChristina Aguileraを聴き始めたのは2ndアルバム『Stripped』からですが、

その中の“Beautiful”で高評価を得、

それまで受けていたアイドル路線からは一線画した存在になりました。

その“Beautiful”が、Linda Perryのプロデュース作品だったんです。


Christina Aguilera - "Beautiful" (Live at VH1 Big in Awards 2002)

高い評価を得た歌詞の内容もさることながら、

彼女の歌唱力や表現力も素晴らしいです。

 

『Stripped』の中では“Fighter”も好きでした。

youtu.be

曲調も歌詞も歌い方も、とても力強くてかっこいいです。

どんな過去を持っていたとしても、

「私を“Fighter”にしてくれてありがとう」と言える事が、

まず素敵だし、それだけの力を持った曲だと思います。

 

2006年に二枚組アルバム『Back To Basic』をリリース。

Linda Perryの時に書いたように、二枚組だけど片方ばかり聴いていました。

それがLinda Perryのプロデュースした曲が多かったと言うのは

後々に知ったことです。

その中でも好きだったのは“Hurt”。


Christina Aguilera - Hurt (Live) MTV Video Music Awards 2006

『Back To Basic』と言うタイトルからも分かりますが、

このアルバムは、昔の曲をリスペクトしつつそれを彼女なりに表現しています。

二枚組のアルバムと言う事もあり、聴き応えはかなりあります。

 

この頃日本にツアーで来て、観に行きました。

ステージ自体も良かったのですが、

その後に実はその時妊娠していたと言うのを知って

何かと感慨深くなったのを覚えています。

私が観に行ったLIVEでは演っていませんでしたが、

後にDVDを観て感銘を受けたのはEtta Jamesの“At Last”のカバー。

(そのDVDはいつの間にか借りパクされていましたが)

youtu.be

終盤のフェイクは本当に鳥肌モンですよ。

 

2010年に主演した『バーレスク』は良かったですし、

(映画は後日「音楽映画」で紹介します)

その映画の中で素晴らしい曲は勿論沢山ありました。

でも、この所の彼女は何だか芯がブレてるんじゃないかと思います。

本当は歌手としても表現者としても一流であるはずなのに、

「セレブ」なんて言うレッテルを貼ってしまったが故に。

それはMariah Careyを見ていても思うのですが…

まあそういう事はここで言う事ではないので割愛。

 

 『Bionic』・『Lotus』も聴いてはいますけど、

前作のイメージが強かったのか、あんまり好んで聴こうとはしませんでした。

2011年には、Mroon5の作品にも参加。ちょっとだけですが。

youtu.be

Jaggerとは、言わずと知れたMick Jaggerの事です。

この曲のMV以外のバージョンを探していたのですが…やめました。

 

最後に、最近観た彼女の動画で良かった曲を載せます。

Lady Gagaとのコラボ曲で、Lady Gagaメインではありますが。


Lady Gaga ft. Christina Aguilera - Do What U Want (The Voice USA Finale 2013)

二人の声質が近いものであるからこそ、

ぶつかり合っても対立するものではなく、

歌の響きがとてもいいのだと思います。

 

今回はChristina Aguilera以外のアーティスト名を多く出しましたが、

そこから繋げていこうと思ったら「音楽映画」にも通じるところが多いので

次回はちょっと外していこうと思います。