SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

歌い手魂其の九十四・ゆず(北川悠仁・岩沢厚治)

歌い手魂

前回『いきものがかり』が影響を受けたミュージシャンとして紹介したので、

今回は『ゆず』のお二人、北川悠仁さん・岩沢厚治さん。

f:id:livaeal:20170116153232p:plain

ストリートミュージシャンの代表格であり、

「ネオ・フォーク」の確立者。

 

“夏色”を持ってこようかと思いましたが、ここは外して“いつか”。


ゆず - 『いつか』 LIVE

 

1996年結成、1997年にインディーズ、1998年にメジャーデビュー。

元々はバンドメンバーだったと二人。

他の楽器からボーカルへ、と言う人は結構いますが、

北川さんがドラムだったと言うのは意外でした。

デビュー曲の“夏色”から大ヒット。

私も学生だったので、あのキラキラした感じ、

とても印象深く思い出が溢れてきます。

2000年リリースの“嗚呼、青春の日々”で初のオリコン1位を獲得。


ゆず 嗚呼、青春の日々

 

2004年リリースの“栄光の架橋”は今でも聴く機会が多い名曲。

アテネオリンピックのテーマソングともあって、

当時はよく聴いていました。

それ故にカラオケでも歌う方が多かったのですが…

まあ、大抵はこんな高音出せません。


ゆずライブ  栄光の架け橋(15th Anniversary DOME LIVE)

お二人とも勿論上手いんですけど、

個人的には岩沢さんの高音ハモリは特にすごいと思っています。

今はどうか知りませんが、彼が喫煙者だと知った時は驚きました。

 

2009年にはキマグレンと『ゆずグレン』としてコラボし、

“two友”をリリース。


ゆずグレン / two友

コラボ曲って、それぞれの個性を改めて感じられるので

とても興味深いです。

 

2009年リリースの“虹”も定番ソング。


ゆず 虹

やっぱりハモリは秀逸。

 

動画を見ていたら、カバーソングも色々出てきたので、

私の大好きな中島みゆきさんの “時代”を。


時代 / ゆず 作詞作曲:中島みゆき

編曲が亀田誠治さんというのも見逃しません。

 

先述した『キマグレン』を始め、

他のミュージシャンや著名人とも親交の広い『ゆず』。

Golden Circle」では忌野清志郎さんや斉藤和義さんなど

名立たるミュージシャンと共演。

画像は荒いですが“キヨシローに憧れて”から

“雨上がりの夜空に”のメドレー。


Golden Circle of Friends -キヨシローに憧れて ~ 雨上がりの夜空に

 

ストリートを発端に、「ネオ・フォーク」とまで

言われる存在となったゆず。

以前はストリートでゆずの曲を聴く機会も多かったですが、

今は大分ストリート演奏が規制されてしまっているので

色んな意味で残念な社会です。

(私もストリートをして警察に怒られた事が何度か…)

最後に2000年リリースの“飛べない鳥”を。


ゆず 飛べない鳥

私は意外だったのですが、この曲が今までで一番の売上だったそうです。

それにしても岩沢さんの声、突き抜けてるなぁ。