SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

アイ・ソー・ザ・ライト

前回に引き続き、今回も実在した人物の作品を。

今回はカントリー歌手、ハンク・ウィリアムスの伝記映画、

『アイ・ソー・ザ・ライト』。

f:id:livaeal:20170420182619j:plain

「ロックの父」と呼ばれた伝説のシンガーの物語です。

 

1944年、アメリカのアラバマ州

オードリーと結婚して幸せな日々を過ごし、

カントリーシンガーとしても成功を収めていたハンク・ウィリアムス

公私ともに順風満帆に見える彼だったが、

オードリーもシンガーの夢を抱えていたことから

家庭内に不穏な空気が流れる。

やがて子供に恵まれたのを機に再び支え合う二人だが、

ハンクがスターとして活躍するほどに

オードリーとの溝が大きくなっていく。

その苦しみから逃げようと、彼は酒に溺れ、

ほかの女性と関係を持つようになる。

(2015年・アメリカ)

 

カントリー音楽がふんだんに織り込まれていて、

音楽はとても良かったです。

俳優陣も魅力的で良かったし、

時代観も表れていて申し分がないだけに…。

トーリーに抑揚がなかったからか、私が期待しすぎていたのか、

あんまり入り込めなかったのがとても残念でした。

 

波瀾万丈の生活であったことは間違いないはずなんだけど、

どこか全体的に淡々としている印象が拭えず、

ハンクの苦しみや痛み、悩みなどの深みが

あんまり描かれていないような気がしました。

 

私はハンク・ウィリアムスの存在自体知らなかったので、

知っている人だともう少し感情移入出来るのかもしれません。

音楽は良かったので、彼の曲は聴いてみたいと思います。

 


カントリーシンガー、ハンク・ウィリアムスのドラマ!映画『アイ・ソー・ザ・ライト』予告編