SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

少年メリケンサック

今週もテンションが高い音楽映画、続投です。

今回は宮藤官九郎監督の映画、少年メリケンサック”。

f:id:livaeal:20161006082911j:plain

俳優陣も豪華で惹き付けるし、私は結構好きです。

 

レコード会社に勤めるかんなは、

動画サイトでイケメン4人組のパンクバンド

少年メリケンサック”のライブ映像を発見。

彼らと契約すべく会ってみると、メンバーは50歳過ぎのオヤジで、

彼女が見つけた映像は25年前のものだった。

予想外の事態に困惑するかんなだったが、

バンドの全国ライブツアーに同行するはめになり……。

(2008年・日本)

 

とりあえずテンションは高い、と言う第一印象ではありますが、

ストーリーもちゃんとしてる人間ドラマでもあります。

おっさんがパンクをする、というのを描いているのも

また色々と考えさせられることがあります。

(基本的にパンクは若者が一端を背負う初期衝動の文化だと思うし)

 

何でそれを面白おかしく、

むしろちょっと感動的に魅せられるかと言えば

やっぱり佐藤浩一さん始め、

俳優陣の力あってこその事だと思います。

宮崎あおいさんも良いし、共感できます。

キム兄さんの泥臭さと若い頃のギャップも好きだし、

ジミーさん扮する田口トモロヲさんとか、

あり得ないのに、あり得る気がします。

 

個人的にはアキオがかんなの彼氏の事を

「だからやってる音楽も無臭なんだよ」と

(想像上で)言ったところが印象的。

“無味無臭じゃ何にも響くものはないよな、確かに”と

思わせてくれた、おっちゃんの一言。イイ。

 


少年メリケンサック(予告編)