SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

前回の『チョコレートドーナツ』を観て、

久しぶりに観たくなった作品『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』。

最初に観た時から大好きな作品です。

f:id:livaeal:20170116143336j:plain

映画自体も数回観ていますが、

サウンドトラックは購入して何度も聴いています。

 

東西冷戦時代の東ドイツに生まれた男の子ハンセル。

母と二人暮らしの彼の夢は、

自由の国アメリカでロックスターになること。

ある日、米兵から結婚を申し込まれた彼は、性転換手術を決意する。

しかし、手術のミスで股間には

“怒りの1インチ(アングリー・インチ)”が残ってしまう。

名前をヘドウィグと変え、何とか渡米するも米兵には結局捨てられてしまう。

それでも夢を思い出しロックバンドを結成したヘドウィグは、

ある日、17歳の少年トミーと出会う。

同じ夢を持つトミーに愛情のすべてとロックシンガーとしての魂を

注ぎ込むヘドウィグだったが…。

(2001年・アメリカ)

 

とにかくまずは音楽が最高でハマりました。

映画自体は久しぶりに観ましたが、

曲は全部覚えているくらい何度も聴きました。

かなりロックしてます。

 

話の展開は難解な部分が結構あって、

初見ではちょっとついていけない所がありましたが、

この映画の本質が、所謂「物語」を見せるものではないと思っています。

とは言えど、奥深さにも包まれています。

女にも男にもなれないヘドウィグの行き場のない感情が

音楽を通してビシビシと伝わってきます。

そして、そんな彼(彼女)だからこそ、

彼(彼女)が歌う「愛の起源」が説得力を持って

聴こえるのかもしれません。

 

また、ヘドウィグを演じるジョン・キャメロン・ミッチェルが放つ

何とも形容しがたい色っぽさ、艶。

時々とても可愛く見えてドキッとします。

 

全体を通しての世界観、音楽性…。

得も言われぬ魅力に溢れた作品です。

 


ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(予告編)