SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liva's anything about...?

都内で活動中の本格派アコースティックユニットLivaealのブログです♪

ニッチなギターテクニック練習研究(004):クラシック入門 タレガのラグリマ(涙)

どもdeeです。

 

今回はクラシック曲に入門ということで

タレガのラグリマを1曲まるっと弾いてみましょう。

難易度としては簡単ですが

ギターの響きを生かした美しい曲です。

クラシックの真髄など全く理解してませんが

ハイウェイスターをコピーするノリで

クラシックも楽しんでしまいましょう。

 

■フランシスコ・タレガ

フランシスコ・タレガはスペイン出身のギタリストです。

19世紀後半から20世紀にかけて活動しヴィルトオーソと呼ばれていました。

ヴィルトオーソ:楽器の達人

幼い頃失明しかけたことがあり、それがきっかけでギターを

習うことになりました。

ヴィルトオーソと呼ばれるくらいギター技巧は優れていましたが

同時に美しいメロディと和音を作り出す作曲能力も優れていました。

作曲家として心酔したショパンに似て、

作品においては詩的情緒と超絶技巧の融和を

何よりも追究しているとされています。

 

■ラグリマ

ラグリマとはスペイン語で涙の意味。

ラグリマの楽想は「涙」そのものです。

2つの8分音符が子供の顔をつたって落ちる涙の様を表現しています。

このリズム・パターンは曲中のいたるところに現れます。

結構、横移動が多いのと所謂通常のコードフォームではなく

1弦2弦の開放弦を積極的に使ってます。

長い曲ではないので暗譜してしまうといいかもしれません。

 

f:id:livaeal:20160730181042p:plain